デートの誘い方
  • 2024年4月4日
  • 2024年4月4日
この記事は広告を含んでおります

マッチングアプリのデートの誘い方はストレートが1番!【例文あり】

「女性とマッチングしてメッセージも続くのに、デートに誘うと毎回断られてしまう」と悩んでいる方はいませんか。

マッチングアプリは、誘うまでの流れと誘い方(メッセージ)が重要です。

そこで今回は女性からOKされやすいデートの誘い方を解説します。

OKされやすいデートの誘い方のポイント
  • デートに誘うタイミングは遅すぎてもNG
  • 「お茶でも行きましょう」とストレートに誘う
  • 初デートの場所は会話しやすいカフェやレストランがおすすめ
マッチングアプリでNGなデートの誘い方
  • 誘うタイミングが早すぎる(遅すぎる)
  • 女性に媚びた誘い方をしている
  • 女性に丸投げしている
おすすめのマッチングアプリ
アプリ目的・特徴
ペアーズロゴ
Pairs
無料DL

詳細を見る
  • マッチングアプリの定番
  • 会員数が多いので地方に住んでいてもマッチングしやすい
  • 24時間365日のサポート体制で安全安心に利用できる
withのロゴ
with
無料DL

詳細を見る
  • 心理テストや性格診断を受けられる
  • 内面を重視したい方におすすめ
  • 20代~30代前半の男女が中心
omiaiのロゴ
Omiai
無料DL

詳細を見る
  • 婚活に特化したマッチングアプリ
  • 年齢層は20代~30代が中心
  • 足あとが見放題
あなたに合った
マッチングアプリが
20秒でわかる!
マッチングアプリ診断矢印診断スタート
マッチングアプリ診断
  1. STEP 1
  2. 2
  3. 3
利用目的は?
マッチングアプリ診断
  1. 1
  2. STEP 2
  3. 3
あなたの年代は?
マッチングアプリ診断
  1. 1
  2. 2
  3. STEP 3
アプリの特徴
マッチングアプリ診断
  1. 1
  2. 2
  3. STEP 3
アプリの特徴
マッチングアプリ診断
  1. 1
  2. 2
  3. STEP 3
アプリの特徴
マッチングアプリ診断
  1. 1
  2. 2
  3. STEP 3
アプリの特徴

※本記事の価格は全て税込みです。

この記事を書いた人
野原すすむ

マッチングアプリで400人以上の女性と会った恋愛のプロ。※YouTubeチャンネル「真面目いい人がモテる恋愛男子校」にてノウハウを配信中【実績】・恋愛コンサル生:70人以上・プロフィール添削:600人以上

マッチングアプリでデートへ誘うまでの流れ

マッチング後、実際に会うまでのやりとりの回数

ほとんどの女性はマッチングアプリで会うことに警戒心を抱いています。

以下のような危険人物でないかどうかを見極めるために、女性はある程度のメッセージ交換を求めます。

マッチングアプリで女性が警戒する男性
  • ヤリモク
  • 既婚者
  • ストーカー気質など危険な男性
  • 業者、サクラ、宗教勧誘

1~2通目で誘っても女性はほぼOKしてくれません。

そのため、女性をデートに誘うタイミングは、メッセージの3〜5通目が理想です。

ただ、本サイトの独自調査(上画像、n=686)においては、実際は6通〜15通程度のやりとりを行っている方が多いです。

回答者の方の使っているマッチングアプリが真剣度の高いものが多いことが原因でしょう。

誘うタイミングは女性のメッセージで判断する

スマホを操作する女性

3〜5通目の加減調整は、女性のメッセージを見て判断するようにしてください。

例えば、女性のメッセージが短文・明るい・カジュアルな感じなら3通目で誘ってもOKしてくれる可能性が高いです。

逆に女性のメッセージが長文・丁寧・真面目で堅い感じなら5通目で誘うべきです。

誘うタイミングはマッチングアプリによっても異なる

マッチングアプリによっては1通目で誘うのが正解のアプリもあります。

例えば、タップルやティンダー(Tinder)など、比較的カジュアルなアプリは早く誘ったほうが会いやすくなります。

3〜5通目で誘ったほうが良いのは、以下のような婚活目的の比較的真面目なアプリの場合です。

  • Pairs
  • with
  • Omiai
  • マリッシュ
  • ユーブライド
  • Match
  • ゼクシィ縁結び

誘うタイミングは遅すぎてもNG

女性は知らない男性と何通もメッセージを交換したいわけではありません。

「この人なら会ってもいいかな」と思えば、女性も早く会いたいわけです。

だから誘うのが遅れると、女性も飽きてメッセージを返さなくなります。

しかも、マッチングアプリでは同時進行が当たり前なので、女性は他の男性ともメッセージを交換しています。

アイコン
のんびりしていたら他の男性と仲良くなってしまうので、遅くとも5通目で誘うようにしましょう。

なお、5通目で誘っても女性から「早すぎる」と言われた場合は、その女性は諦めて他の女性を探しましょう。

1通目のメッセージの送り方

マッチングアプリでは「マッチングしたのに、女性から1通も返信が来ない…」というケースは当たり前です。

熟練者(私)でも1通目の返信率は80%くらいですので、返信がなくてもあまり気にしないようにしましょう。

  1. マッチングしたけどメッセージを送るとなると急に面倒くさくなってきた
  2. 他の男性にメッセージを送るのに忙しくて手が回らない
  3. アプリを開いていない
  4. 男性から来た1通目のメッセージに返信するのが面倒になってきた

①〜③は不可抗力なので仕方ありません。しかし、④は男性にも問題があります。

例えば、こういうメッセージを1通目に送ってはいけません

1通目のメッセージのNG例
  • いきなり会おうと誘う・LINE交換しようとする
  • 挨拶だけ
  • 連投している
  • 質問が3つ以上ある
  • いきなり長文を送る
  • メッセージが完結しており、質問が入っていない

これらを踏まえて、女性から返信されやすい1通目のメッセージの例文をご紹介します。

はじめまして、◯◯(自分の名前)といいます。
マッチングありがとう!
俺も◯◯(趣味)が好きでよく行きます。
最近の休みは◯◯(地名)で食べ歩き(or飲み歩き)することが多いです。
◯◯(女性の名前)さんはどの辺でよく遊んだりしますか?

1通目のメッセージの目的は女性から返信をもらうことです。

1通目に返信されないと2通目以降がないからです。

そのため、女性が返信しやすい文章を送るのがポイントです。

例文のポイント
  • 短文でも長文でもない100文字前後が目安
  • これから名前で呼び合うため、お互いの名前をちゃんと書く
  • 女性の趣味に共感する
  • 自分の休日の過ごし方を簡単に伝える
  • 自分がよく行く場所(地名)を入れておく
  • 女性がよく行く場所(地名)を聞いておく
  • 質問を1つだけ入れてそこで終わる

人間は慣れの生き物ですので、1回目はハードルが高くても、2回目3回目になってくると平気になるものです。

メッセージの返信も同じで、1通目がもっともハードルが高いわけです。

2通目のメッセージの送り方

「女性からの返信が1通目だけで終わってしまった…」マッチングアプリではこれもよくあることです。

お互いにまだ一度も会ったことがないわけですから、女性との間に信頼関係が成立していないからです。

アイコン
しかし、1通目を送るときとは違って、2通目を送るときは女性からの返信メッセージがこちらに届いています。

そのため、2通目のメッセージは女性からの返信に合わせるのがポイントです。

以下のようなポイントに注意して送るようにしましょう。

2通目のメッセージのポイント
  • 返信ペースを女性に合わせる
  • 文章量を女性に合わせる(短文には短文、長文には長文)
  • 感嘆符・絵文字・顔文字などの頻度テンションを女性に合わせる
  • 葉遣いを合わせる(敬語には敬語、タメ口にはタメ口)
  • 簡単に触れるだけで良いので、女性が書いた内容はスルーしない
  • 返信しやすくなるので、質問を1つだけ入れる

そして女性から2通目も返信が来れば、いよいよ女性を誘ってみましょう。

OKされやすいデートの誘い方

OKされやすいデートの誘い方

マッチングアプリの初デートは、女性とはまだ打ち解けていない状態で行われます。

遊園地や水族館などのレジャー施設へ誘うのは当然NGです。

まずは女性と打ち解けることが先決です。そのためには会話をする必要があります。

アイコン
お互いのことをゆっくり話して「この人と話してると楽しい」「この人とは気が合いそう」と女性に思われないといけません。

そのため、マッチングアプリの初デートは女性と会話しやすい環境を用意することが大事です。

女性と会話しやすい店
  • カフェ(チェーン店でOK)
  • ランチ(カジュアルレストラン)
  • バル(飲むのが好きな女性の場合)

マッチングアプリの初デートに最もオススメなのはカフェです。

ちなみにカフェはスタバ・タリーズ・ドトール等のチェーン店で十分です。

カフェがオススメの理由
  • 会話しやすい環境が整っている
    適度に静かで声が通りやすい、初対面でも不自然さがない、等
  • 長時間いられる
    ただし初対面は2時間以内には解散したほうが良い
  • 料金が安いから会計で悩まなくて済む
    悩まずに男性がおごればOK

そして女性からOKされやすいのはランチデートです。

夜より昼に会うほうが女性も警戒しないので、初デートは昼間にしたほうが女性からOKがもらえる確率は高くなります。

カフェでランチするのもOKですし、カジュアルレストランを選ぶのも良いです。

アイコン
お酒を飲むのが好きな女性を誘うときは、バルもオススメです。

これらを踏まえて、実際に女性を初デートに誘う時のメッセージ例文をご紹介します。

マッチングアプリの初デートの誘い方【例文あり】

マッチングアプリの初デートの誘い方【例文あり】

初デートの誘い方はストレートで大丈夫です。

マッチングアプリはマッチングした時点で会うことが前提なので、無駄な駆け引きは本来必要ありません。

マッチングしてメッセージが続いている時点で女性はこちらに興味がある証拠なので、以下のようにストレートに誘えば良いのです。

  • 「週末にお茶でも行きましょう」
  • 「今度ランチでも行きましょう」
  • 「軽く飲みにでも行きましょう」

疑問形で誘わないこと

「行きませんか?」といった疑問形で誘うと、会うかどうかは女性が決めることになります。

しかし女性は男性に決めてほしいと思っています。

アイコン
疑問形で誘うよりも、ハッキリとした口調で誘いましょう。

また、女性の様子やご機嫌を伺うような誘い方をするよりも、堂々と誘ったほうが好まれます。

「会いましょう」とは誘わないこと

「会いませんか?」と誘い方をすると”出会い目的”という感じが前面に出てしまいます。

いくら出会い目的でも「出会い目的です」とハッキリ言われるのは女性も嫌なのです。

女性は名目を大事にするので「お茶や食事をするのが目的」としたほうが女性も安心できます。

デートの日時・場所を決める手順

デートの日時・場所を決める手順

女性からOKをもらえたら、会う日時や場所を決めていきます。

基本的な流れは以下の通りです。

  1. 日時・場所は男性から女性に複数の候補を提案する
    例「土日と平日ならどっちが都合良い?」「◯日と◯日ならどっちが空いてる?」「◯駅と◯駅ならどっちが来やすい?」
  2. 女性の希望を聞いたら決定通知をする
    例「じゃあ◯日の◯時頃に◯駅の改札付近で待ち合わせでよろしく」
  3. 店を予約したことを女性に伝える
    例「◯日はココ(URLを貼る)に◯時で予約したよ」

まず、複数の候補を提案することで早く決まりやすくなります。

次に、当日の時間や場所が決まったことをちゃんと女性に伝えましょう。

店を予約しておく理由

女性は当日このメッセージを見て行動するからです。

デートの日時・場所を決める際にやってはいけないこと

デートの日時・場所を決める際にやってはいけないことは、以下のような人任せのメッセージを送ってしまうことです。

  • 「暇な日ありますか?」
  • 「今月で空いてる日を全部教えてください」
  • 「場所はどこにしましょうか?」
  • 「店はお任せしますね」

女性は人任せにする男性を嫌います。日時や場所を決めるときはリードしましょう。

マッチングアプリでNGなデートの誘い方

マッチングアプリでNGなデートの誘い方

ちなみに「こんな誘い方はダメ」という悪い例も紹介します。

マッチングアプリでNGなデートの誘い方
  • 誘うタイミングが早すぎる(遅すぎる)
  • 女性に媚びた誘い方をしている
  • 女性に丸投げしている

誘うタイミングが早すぎる(遅すぎる)

婚活目的の真面目なマッチングアプリでは、~2通目で誘うと女性は警戒して会ってはくれません。

かといって、いつまでたっても誘わずにダラダラとメッセージを続けても、女性から「会う気がないんだな」と思われてしまいます。

そのため、メッセージの3〜5通目で誘うようにしましょう。

女性に媚びた誘い方をしている

  • 「マッチングしてくれてすごく嬉しいです!ぜひ会っていただけないでしょうか?」
  • 「早く会いたいです!いつなら空いてますか?」
  • 「◯◯さんに気に入ってもらえる自信はないのですが、それでも会ってくれますか?」

こういった誘い方は今すぐやめてましょう。

女性はこのように下手に出て媚びてくるような男性を心底嫌います。

マッチングアプリでは、女性のほうが立場が有利です。

アイコン
特に20代の女性ともなれば、多くの男性から毎日いいね!を送られています。

女性には会う男性を選ぶ権利があります。虚勢でもいいので堂々と誘うようにしてください。

女性に丸投げしている

スマホを持って考える女性

以下のような誘い方は全部女性任せになっています。

  • 「よかったら会ってみませんか?」
  • 「いつなら都合良いですか?」
  • 「どんな店に行きたいですか?」

「会いましょう」「◯日と◯日ならどうですか?」「店は◯駅近くのカフェにしましょうか」と提案すれば良いのです。

丸投げすると女性に「面倒くさい」と思われて断られてしまいます。

初デートに向かない店に誘わない

初デートには不向きのお店もあります。

以下のようなお店に女性を誘わないことも大切なポイントです。

初デートに向かない店の例
  • 高級店
  • ファーストフード店、ファミレス
  • ラーメン屋、焼肉屋、お好み焼き屋
  • 大衆居酒屋

高級店

女性の前だからと格好をつけて高級店を選ぶ男性がいますが、これは間違いです。

まだ親しくもない男性と高級店に入っても、女性は気まずいだけです。

女性が高級店に行きたいのは「彼氏と記念日に」というケースだけです。

ファストフード店、ファミレス

ファストフード店やファミレスも、初デートでは避けたほうが無難です。

女性に手抜き・非常識と思われるからです。

女性もおしゃれをして来てくれるわけですから、こういうカジュアルすぎる店に案内するのは失礼にあたります。

また、ファミレスは騒がしくゆっくり会話する環境でないも理由です。

ラーメン屋、焼肉屋、お好み焼き屋

初対面の男性と会う場合、女性は少しでも好印象になるよう綺麗な洋服を選びます。

しかし、こういう店ではお店の雰囲気と女性の服装が全く合わない上に、油やスープの飛び跳ねなどでせっかくの洋服が汚れる恐れもあります。

アイコン
そのため、こういう店に誘われるくらいなら「いっそ断ったほうが良い」という判断になってしまいます。

ラーメン屋、焼肉屋、お好み焼き屋などは、女性と交際が始まってから行くようにしましょう。

大衆居酒屋

狭い、騒がしい、汚い…と、初デートにおいて女性に好まれにくい要素が揃っています。

大衆居酒屋は苦手という女性もいますので、初デートでは避けるべきです。

どうせ行くならもっとおしゃれな居酒屋にしましょう。

マッチングアプリで初デートを成功させるコツ

マッチングアプリで初デートを成功させるコツ

初対面の女性と仲良くなるコツは以下の8つです。

マッチングアプリで初デートを成功させるコツ
  • 清潔感を整える
  • 待ち合わせ場所から店までエスコートし、注文もリードする
  • 敬語よりもタメ口で話す
  • 自己開示をする
  • お互いのイメージを伝え合う
  • 軽めに好意を伝える
  • 2時間以内で解散する
  • 2回目のデートまで余計なLINEはしない

清潔感を整える

まずはやっぱり見た目が大事です。

そして女性が最も重視するのは清潔感です。

清潔感とは見た目に気を使っていることを意味します。

そのため、以下の項目には最低限気を使うようにしましょう。

  • 服装
    自分で選ばずに、女性やファッションに詳しい人にコーディネートしてもらう
  • 髪型
    床屋ではなく美容院でカットしてもらい、セットの仕方も教えてもらう
  • 体型
    標準もしくは痩せ型を目指す

  • 化粧水や乳液で日々保湿を心がける。シミやそばかすは病院で消してもらうのも手
  • 匂い
    体臭はボディシートでこまめに拭き取る、口臭はガムで対策
  • 姿勢
    普段から背筋を伸ばすことを意識する

待ち合わせ場所から店までエスコートし、注文もリードする

店までスムーズかつスマートに案内してください。

こういうところでも、女性は頼れる男性かどうかを見ています。

自信がない場合は事前に場所を確認しておくことも大事。

アイコン
また、注文に時間がかかりすぎると優柔不断な男性だと思われてしまいます。自分の注文するものは素早く決めましょう。

そして、女性が注文するものも一緒に決めるくらいの余裕を見せられると好印象です。

敬語よりもタメ口で話す

多くの男性が初対面の女性には敬語で話していますが、モテる男性ほど最初からタメ口で話しています。

敬語が悪いわけではありませんが、丁寧に話すことで女性に距離を感じさせてしまいます

アイコン
女性と仲良くなるには、ある程度のフレンドリーさも見せたほうが良いのです。

そのため、ある程度打ち解けたら、多少のリスクはあってもタメ口で話すように心がけてください。

自己開示をする

女性と2回目につながらない男性ほど、初対面で自分のことを話していません。

だから数日経つと「このあいだ会った人のことを全然思い出せない」となってしまうわけです。

全く覚えてない人とまた会う気にはなれないので、男性は「自分はこういう人間です」と自己開示をする必要があります。

以下については最低限話せるように準備しておきましょう。

  • 仕事
  • 趣味
  • 家族
  • 恋愛

お互いのイメージを伝え合う

お互いに興味がある人と会ったわけですから「実際に会ってみてこう思った」というイメージは伝えるべきです。

  • 「会う前はよくわからなかったけど、会ってみたら話しやすいし、一緒にいて楽しい」
  • 「写真よりもずっと可愛いなあ、写真で損してるくらいじゃない?」

そして女性にも自分のイメージを聞いてみて、女性の口からちゃんとイメージを言ってもらうことも大事です。

軽めに好意を伝える

2回目につながらない男性は、女性の感情を全く揺さぶることなく、平穏にその場を終わらせがちです。

それでは女性の記憶に強く残りません。数日経つと忘れられてしまい、次の約束には来てくれないわけです。

そのため、例えば以下のように本気っぽくならない程度で好意を伝えると、女性の感情に訴えることができ記憶にも残りやすくなるのです。

「今日会ってみて、◯◯(女性の名前)のことを良いと思った」

2時間以内で解散する

初デートは女性も緊張して疲れるので、2時間以内で解散するのがベストです。

長居しすぎたことで女性が気疲れすると「この人といると疲れる」という悪いイメージだけが残ってしまうからです。

話の途中で終わらせるのも有効です。

盛り上がっている最中で「この続きは次回また話そうか」と打ち切られると続きが気になるので、2回目につながりやすくなるのです。

2回目のデートまで余計なLINEはしない

悩む男性

次の約束をしたのにその後断られる男性は、LINEが原因であることが多いです。

まだ付き合ってもない男性と頻繁にLINEしたいと思っている女性はほとんどいません。

一度会ったからといって調子に乗ってLINEを送りまくると、ブロックされる確率が高くなるのです。

アイコン
LINEは女性に求められたときだけ送る、そして内容も簡単な事務連絡程度で十分です。

LINEは送れば送るほどリスクがあるので、必要以上に送らないことが2回目につなげるコツだったりします。

マッチングアプリで2回目のデートにつなげる誘い方

繋いだ男女の手

女性と解散したあとにLINEで次のデートに誘う男性が多いですが、LINEだと女性も断りやすいので良くありません。

2回目のデートにつなげるには会っているときに直接誘うのがオススメです。

女性が応じてくれる確率は高くなります。

アイコン
例えば、お酒が好きだという話が出たら、その流れで「じゃあ今度飲みに行こう」と誘うのがおすすめです。

そういう自然な流れで誘うと、2回目のデートが成立しやすくなります。

  • 「じゃあ今度そこ行こうぜ、来週末か再来週末だと都合良い?」
  • 「肉好きならメチャ旨い店あるぞ、じゃあ次はそこ行くか」
  • 「◯◯(女性の名前)といると楽しいわ、また話そうぜ、日にち決めよっか」

こんな感じでストレートかつ簡潔な誘い方で十分です。

そして1回目と違い2回目は直接会っているときに誘えるので、楽しそうな表情で誘うのがおすすめです。

初デートはストレートに誘うのがおすすめ

まとめ
  • 女性をデートに誘うタイミングはメッセージの3〜5通目が理想
  • マッチングアプリの初デートでOKされやすいのはカフェとランチデート
  • 初デートの誘い方はストレートに「お茶でも行きましょう」で良い

マッチングアプリでOKがもらえるデートの誘い方は、タイミング・セリフ・お店が重要です。

マッチングした時点で女性はあなたに興味を持っているので、堂々と誘ってみましょう。