危険人物と会わないための対処法
  • 2024年4月8日
  • 2024年4月10日
この記事は広告を含んでおります

マッチングアプリの危険性を男女別に解説|会う時に注意するポイントは?

マッチングアプリはオンライン上で簡単に知り合うことができる便利なサービスです。しかし、安全に利用できるかどうか気になりますよね。

「出会いは欲しいけど、オンライン上の異性と会うのは少し怖い」と感じる方もいるでしょう。

本記事では、マッチングアプリの危険性や危険人物への対策などについて詳しく紹介します。

危険人物に会わないための対策法
  • 危険性の低いマッチングアプリを利用する
  • プロフィールが適当な人とは会わない
  • メッセージを重ねてから相手とデートする
  • 相手と仲良くなるまで個人情報は教えない

※本記事の価格は全て税込みです。

この記事を書いた人
水野

友人のアプリ婚をきっかけにマッチングアプリを始めて3年。年下男子からイケオジまでストライクゾーンは幅広い。あらゆるマッチングアプリを試して会員層や出会いやすさを調査中。カジュアルな出会いから本気の婚活まで、マッチングアプリでモテるノウハウをご紹介します。

【男女別】マッチングアプリの危険性まとめ

マッチングアプリを使う上で不安があるか

マッチングアプリは幅広い世代に利用しやすい便利なツールですが、一方で安全かどうか心配する人も多いでしょう。

実際に本サイトで調査した結果によると、男性で40%、女性で60%の方が「不安がある」と回答しています。

まずはマッチングアプリの危険性について男女別に紹介するので、理解しておきましょう。

男性が遭遇しやすい危険

マッチングアプリを使って、以下のような危険な目にあう男性もいます。

あなたにも起こり得る可能性があるので、頭に入れておくと安心でしょう。

詐欺師に騙されて高額な金銭を請求される

男性は、女性会員を装った詐欺師に騙されて、お金をだまし取られる可能性があります。

マッチングアプリには真剣に恋人を探す人が多数登録していますが、なかには詐欺を目的とした詐欺師も紛れている場合があるのです。

女性の指定した店に行き、軽く飲食するだけで数万~数十万円を請求されることもありますよ。

アイコン
女性会員が指定する店は、ほとんどが女性が所属する詐欺グループが運営する店なのです!

また、結婚詐欺や投資詐欺などにあい、お金をだまし取られるケースもあるでしょう。

結婚願望が以上に強い女性や、親密になったとたんにお金の話をしてくる女性には、注意するべきです。

個人情報を盗まれる

マッチングアプリで親しくなった相手にメールアドレスや電話番号、LINEのIDなどを盗まれ、外部の業者などに売られることがあります。

個人情報を盗まれると、登録した覚えのないサイトから連絡が来たり、迷惑メールが続くことも。

アイコン
個人情報の扱いに注意しなければ簡単に盗まれてしまうので、自分自身で危機管理することが何よりも大切です。

サクラとやりとりして時間を無駄する

男性会員は、サクラに騙される危険性も高いと言えます。なぜなら、多くのマッチングアプリは女性は無料で利用でき、男性のみが有料だからです。

サクラとは、マッチングアプリが雇っている会員のこと。

アイコン
無料会員の男性に近づいて気がある素振りを見せ、有料会員にさせるのが目的です。

男性が有料会員になったとたん音信不通になる人や、違和感を感じるくらい美人なプロフィール写真の人は、サクラの可能性が高いでしょう。

しかし、最近はサクラを雇うマッチングアプリはほとんどありません。サクラかと思われる人が詐欺や個人情報を盗む目的の業者のケースは多いです。

アイコン
また、サクラかと思っているだけで、本気で出会う気がない女性の場合もありますよ。

このような女性に出会うと、せっかく時間をかけてメッセージをしてもデートに繋がらず、時間を無駄にする恐れがあります。

プロフィール詐欺にあう

プロフィール詐欺にあい、時間を無駄にする可能性があるのも、男性が遭遇する危険性の一つです。

マッチングアプリは自分でプロフィール写真を選んで登録できるので、いくらでも加工できます。

以下のように感じる人とマッチングしてデートの約束をしても、写真とは別人のような女性が現れる可能性もあるのです。

  • ものすごく顔がタイプ
  • こんなに美人な人に出会ったことがない
アイコン
実際にSNSでも、マッチングアプリのプロフィール詐欺は頻繁に話題になっています。

写真と全く違う人やプロフィールで嘘をついている人とマッチングすると、恋活への意欲が失われるでしょう。

女性が遭遇しやすい危険

次に女性が遭遇しやすい危険を紹介します。

女性は男性以上に自分の身に危険が及ぶ可能性が高いので、マッチング相手やデートする相手は慎重に選びましょう。

身体目的の関係を迫られる

女性はマッチングアプリで出会った男性に身体目的の関係を迫られる可能性が高いです。

本気で出会いを探すふりをしてデートの約束をし、実際はやりたいだけのヤリモクは多数く存在します。

身体目的の男性は手あたり次第女性とマッチングして、デートの約束をするのです。

アイコン
真剣に恋人探しをしているのに、次のような男性に関わってしまう女性は多いでしょう。

  • 一度セックスをしたらセフレにされる
  • ワンナイトしたら音信不通になる

このような男性は、身バレやトラブルを防ぐために個人情報は教えてくれなかったり、身体の関係を持てたらLINEをブロックしたりすることも。

女性は本気で好きだった場合、「遊ばれたんだ……」と深く傷ついてしまうでしょう。

既婚者と不倫関係になる

既婚者と不倫関係になり、大きなトラブルになる危険性もありますよ。

一般的に、マッチングアプリは恋人がいる人や既婚者は利用禁止とされています。

アイコン
しかし、多くのアプリは本人確認や年齢確認をすれば登録できるので、恋人がいる人や既婚者も登録できてしまうのです。

そのため、「恋人はいません」「真剣に出会いを探しています」などと嘘をついてアプリに登録する男性に出会う可能性があります。

相手が既婚者だと知らずにマッチングしてデートしたり、そのまま付き合うことになった場合、不倫関係になることも。

アイコン
不倫をしていることが相手の妻にバレて、トラブルになるケースも実際にありますよ。

もし相手が既婚者だと知ったうえで付き合ったり体の関係を持ったりすると、あなたも相手の妻に訴えられる可能性が出てきます。

既婚者と深い関係にならないよう、しっかり見極めることが大切です。

マルチ商法や投資詐欺に勧誘される

マルチ商法や投資詐欺に勧誘される危険性もあります。

マルチ商法とは、他の会員を勧誘しながら商品を販売し会員を増やしていく商法で、勧誘した人に収入が入る仕組みです。

アイコン
「絶対に儲かる」などと言って投資詐欺に勧誘される場合もあるでしょう。

そもそも、真剣な出会いを探すためのマッチングアプリで、お金の話をする人は怪しいです。

しかしそれに気付かず相手の話に乗ってしまうと、多くのお金を失う危険もあるので注意が必要です。

デート当日にドタキャンされる

デート当日にドタキャンされて、時間を無駄にする危険性もあります。

相手が暇つぶしでアプリを利用していた場合、デート当日になって突然面倒臭くなり、連絡なしでドタキャンすることもあるようです。

また、待ち合せ時にわざと遠くから女性の外見をチェックして、好みのタイプではなかった場合にドタキャンする男性もいますよ。

アイコン
真剣度の低い男性に出会ってしまうと、せっかく時間をかけてメッセージ交換をしていても意味がありません。

  • また1から相手を探さなきゃ
  • せっかく準備したのに1日を無駄にした

このように落ちこんだり、傷ついたりすることもあるはずです。

マッチングアプリの危険性への対策

スーツ姿の男性

マッチングアプリにはさまざまな危険が潜んでいます。

アイコン
しかし、必要以上に怖がることはありません。

どのような危険性があるのか・危険人物の手口などを事前に把握し、対策を頭に入れておけば危険な目にあう可能性を減らすことができるでしょう。

ここからは、マッチングアプリに潜む危険人物とその対策について詳しく紹介します。

セクハラやヤリモクの手口・対策

セクハラやヤリモクの手口は、気があるふりをして近づくことです。

以下のように、必要以上に容姿を褒めたり真剣に出会いを探しているふりをしてアプローチしてきます。

  • 「可愛いね」「本当にスタイルが良い!」「笑顔がめちゃくちゃタイプ」などと言ってくる
  • 「最近彼女がいなくて寂しいんだ」などと言ってくる

気がある素振りを見せて早くデートの約束をし、セクハラしたり身体の関係を迫ってくるのが、基本の手口でしょう。

このような遊び半分の男性に出会わないための対策を、以下にまとめました。

セクハラやヤリモク男性への対策
  • 外見や容姿ばかり褒める人は相手にしない
  • プロフィールをしっかり書いていない人には会わない
  • とにかく早く会いたがる人には警戒する
  • 夜遅い時間からのデートを提案してくる男性には警戒する
アイコン
セクハラやヤリモクでアプリを使っている男性は、会う前に気付ける場合が多いです。

プロフィールが短すぎる人、詳しく書いていない人は真剣に出会いを探していない可能性が高いので、マッチング前によくチェックしてみてください。

マルチや宗教勧誘の手口・対策

マルチ商法や宗教勧誘の手口は、次のようなもの。

  • 「絶対に儲かるよ」「僕もやっているから大丈夫だよ」などと言ってくる
  • 「最近お世話になっているすごい人がいるんだ。会ってみない?」などと誘ってくる
アイコン
このように、さまざまな言葉を使って安心させようとしてきます。

マッチングしたのに、恋愛以外の質問をしてくる人や自分の私生活の話ばかりしてくる人は、要注意です。

怪しい勧誘をする人向けの対策は、以下の通り。

マルチや宗教勧誘への対策
  • 恋愛以外の話をしてくる人には会わない
  • メッセージ中に少しでも違和感を感じたらやりとりをやめる
  • デート中に誰かを紹介されそうになっても断る

マルチや宗教に勧誘する人は、「お世話になっている人」「僕の信頼できる先輩」などと言って他の人と会わせたがる傾向にあります。

少しでも「マルチかな、宗教の勧誘かも」などと感じるなら、興味本位で会ったり連絡を取り続けるのは危険なので、やめましょう。

投資詐欺の手口・対策

投資詐欺やロマンス詐欺をする人は、女性に多い傾向があります。そのため、男性は要注意です。

特に注意すべきなのは、日本語に違和感がある外国人の会員です。真剣に付き合いたい、結婚したい気持ちをアピールして近づき、最終的にお金をだまし取ろうとしてきます。

アイコン
外国人だけでなく、日本人でも投資詐欺をする人はいるので注意してくださいね!

投資詐欺から身を守る対策をまとめました。

投資詐欺やロマンス詐欺への対策
  • お金の話をされたらブロックする
  • 会ったことがないのに「結婚したい」という人とは関わらない

お金目的で近づいてくる人は、距離が縮まった頃にお金に関する相談をする傾向があります。

「実は両親が病気で手術しないと大変なの」「実は元恋人の借金の返済があって悪い人に狙われているの」などと言われるかもしれません。

アイコン
しかし、このような手口で近づいているだけの可能性が高いです。

このような人に出会ったら、関わらないようにすればお金を取られることはないでしょう。

ぼったくりバーの手口・対策

ぼったくりバーに騙されやすいのは、男性です。

出会いを探している会員のふりをした女性が、デートする店を指定してきます

その店が女性が所属する詐欺グループの店だった場合、ゲームに勧誘され、負けると高額な金銭を請求されるのです。

アイコン
また、飲み放題メニューを勝手に注文されてしまい、十万円以上を請求される場合もあります。

このようなぼったくりバーで被害にあわないためには、以下の点に気を付けましょう。

ぼったくりバーへの対策
  • 女性が指定する店には行かない
  • 店に行くなら口コミを確認する
  • 店に行くなら初めに料金を確認する

女性を心から信頼できるまでは、女性の指定するお店に行かなければOK

アイコン
初回のデートが最も危険ですが、2回目以降のデートも油断しすぎないでくださいね。

他サイト誘導の手口・対策

他サイトへの誘導の手口は分かりやすいです。

例えば、以下のような言葉を使ってURLを送信してきます。

  • 「最近アプリの調子が悪いからこのサイトでやりとりしない?」
  • 「もうすぐアプリやめちゃうからこのサイトでメッセージしよう」
アイコン
マッチングアプリのメッセージにURLを貼れない場合は、一度LINEを交換した後にURLを送ってくるケースもあるでしょう。

URLをクリックすると個人情報を抜き取られたりフィッシング詐欺のURLに飛ばされたりする可能性があるため、注意が必要です。

他サイトへの誘導への対策は、次の通り。

他サイト誘導への対策
  • 怪しいURLは開かない
  • 会って信頼できると思うまでは連絡先を交換しない
  • マッチングしたばかりの相手とアプリ以外でやりとりしない

意識すれば危険な目にあうことは防げるので、覚えておいてくださいね。

既婚者・恋人がいる人への対策

マッチングアプリには、既婚者が潜んでいることもあります。

主に女性は、既婚者や恋人がいる男性に気を付けましょう。

アイコン
プロフィールで嘘をついている人は真剣なアプリ会員を装って近づいてくるので、分かりにくいのです。

既婚者や恋人がいる人の特徴は、次のようなもの。

既婚者や恋人がいる人を見極めるポイント
  • 休日に連絡を取れないことが多い
  • 女性や子供について詳しい
  • 家に入れてくれない

付き合って数ヶ月経ったのに友達や家族に紹介してくれない場合も、既婚者の可能性が高いでしょう。

プロフィール詐欺への対策

プロフィール詐欺とは、年収や職業・写真などの情報が全て嘘の状態で接触してくることです。

男女ともにプロフィール詐欺をする人はいますが、見極めるのは難しい傾向にあります。

プロフィール詐欺にあわないためには、次のような対策をするのがおすすめです。

  • 写真を過度に加工している人には会わない
  • 実際に会う前にビデオデートをする
  • 職業や年収についてデート時に質問し、プロフィール内容と一致しているかチェックする
アイコン
基本的に真面目に出会いを探している人なら、プロフィールは丁寧に作成します。

ドタキャンへの対策

一般的なマッチングアプリは、デートをドタキャンしてもキャンセル料はかかりません。

アイコン
そのため、「面倒くさくなった」「他に良い人を見つけた」などの理由でドタキャンする人もいます。

ドタキャンするような人と付き合わずに済むと考えればダメージは少ないですが、準備した時間や交通費が無駄になるのは悔しいですよね。

悔しい思いをしたくないなら、以下の対策を行ってみてください。

  • 事前に「ビデオ通話機能」を使ってビデオデートをする
  • デート当日の朝や待ち合わせ直前にも連絡をする
  • 待ち合せ時間に相手がこないなら、15分程度待って帰る

危険性の低いマッチングアプリ5選

会話しながら食事する男女

危険な目にあいたくないなら、危険性の低いマッチングアプリへの登録がおすすめです。

どのアプリにも危険人物がいる可能性はありますが、少しでも出会う確率を下げることはできます。

アプリの特徴やおすすめポイントを紹介するので、アプリ選びの参考にしてください。

危険性の低いマッチングアプリ5選

Pairs

ペアーズのイメージ

Pairs
年齢層
利用目的
会員数累計2,000万人以上
真剣度
評価App Store 4.2点
Google Play 4.1点
料金女性無料
男性3,700円〜
運営会社株式会社エウレカ
公式サイトParis公式サイト
Pairs機能が充実していて、楽しく出会いを探せる人気のマッチングアプリです。

共通の趣味を持つ相手を探せる「マイタグ」や「ビデオデート」などの機能を使い、相性の良い1人を見つけられます
ペアーズの機能

また、プロフィールだけでは分かりにくい人となりや相性を確かめられる「ペアーズクエスチョン」機能もあります。

  • 100万円あったら何に使う?
  • 1日休みがあったら何をしたい?
アイコン
このような質問を通して、価値観や感覚が似ている相手を探せるのです。

また、会員数が多いので全国にいる大勢の異性を恋人候補にできるのも、大きな魅力でしょう。

累計会員数は2,000万人を超えているPairsなら、地方にお住まいの方でも多くの出会いを期待できますよ。

with

withのイメージ

with
年齢層
利用目的
会員数800万人以上
真剣度
評価App Store 4.1点
Google Play 3.6点
料金女性無料
男性3,600円〜
運営会社株式会社with
公式サイトwith公式サイト

withは、20代の若い世代を中心に人気がある恋活向けのマッチングアプリです。

恋人探しで利用する人が多いこともあり、1日100,000組以上がマッチングしていると公表されています。

アイコン
マッチング数が多いと、それだけ出会える確率も上がるでしょう。

withの魅力は、恋愛心理学を用いた診断を使って相性の良い人を探せる点です。

withの特徴

心理学研究で使用されている心理テストを使っているので、価値観や内面重視で相手を選びたい人におすすめですよ。

アイコン
また、マッチング相手とのメッセージ交換時にAIがアドバイスしてくれる機能もあります。

以下のようなアドバイスをしてくれるので、マッチングアプリ初心者の方や異性との会話に慣れていない人も、安心して利用できます。

  • 〇〇や△△などの共通点があるので話題を振ってみましょう
  • 文章量が多すぎるのでもう少し簡潔にしましょう

また、困ったことがあればすぐにカスタマーサポートに連絡できるので、安全性に不安がある方におすすめです。

Omiai

omiaiのイメージ

Omiai
年齢層
利用目的
会員数累計900万人以上
※2023年2月時点
真剣度
評価App Store 3.9点
Google Play 3.0点
月額料金女性無料
男性3,900円~
※クレジットカード決済1ヶ月プラン
運営会社株式会社Omiai
公式サイトOmiai公式サイト

Omiaiは、安全対策に力を入れている恋活・婚活向けのマッチングアプリです。

結婚前提の出会いを求める落ち着いた30代が多いので、真面目な会員と出会いやすい傾向にあります。

大きな特徴は、イエローカードがあるところ。規約違反をした人や違反報告を何度もされた人は、プロフィールにイエローカードが付きます。

アイコン
少しでも危険人物の可能性がある人が一目で分かり、怪しい人に関わらずに済むのです。

Omiaiの本人確認

また、Omiaiは本人確認も徹底しています。

顔写真付きの本人確認証を提出しないと異性とメッセージ交換できない仕組みなので、なりすましや業者・詐欺師などに出会う可能性が低いのも魅力の一つです。

ゼクシィ縁結び

ゼクシィ縁結びのイメージ

ゼクシィ縁結び
年齢層
利用目的
会員数累計180万人
真剣度
評価App Store 3.3点
Google Play 2.7点
料金女性4,378円~
男性
運営会社株式会社リクルート
公式サイトゼクシィ縁結び公式サイト

ゼクシィ縁結びは真剣婚活向けのマッチングアプリです。

結婚前提の出会いを探す男女が集まる男女有料のアプリなので、危険人物に出会いにくいと言えます。

アイコン
ゼクシィ縁結びの特徴は、価値観重視で出会いを探せるところでしょう。

ゼクシィ縁結びの価値観診断

質問に答えるだけであなたの性格や価値観タイプを分析し、さらに相性の良い異性を毎日4人紹介してもらえます。

ゼクシィが幸せな結婚生活を送っているカップルの情報をもとに作成した診断なので、信ぴょう性は高いですよ。

また、男性料金は相場より高い傾向にあること、女性も有料であることも、危険性が低い理由と言えます。

アイコン
遊び半分でアプリを使いたい人で、わざわざ料金の高いアプリに登録する人は少ないでしょう。

ブライダルネット

ブライダルネットのイメージ

ブライダルネット
年齢層
利用目的
会員数30万人以上
真剣度
評価App Store 3.8点
Google Play 4.4点
料金女性3,980円〜
男性
運営会社株式会社IBJ
公式サイトブライダルネット公式サイト

ブライダルネットは真剣婚活に適している真面目な婚活アプリです。

以下のような珍しい特徴があり、会員の真剣な出会いをサポートしてくれます。

ブライダルネットの珍しい特徴
  • 男性会員は有職者のみが登録できる
  • 専任のコンシェルジュにいつでも相談できる

ブライダルネットは有職者の男性のみが登録できます。

アイコン
女性は20歳以上の独身なら登録できます!

結婚相談所のように入会資格を定めているマッチングアプリは、なかなかありません。そのため、職についていない男性や学生などと出会う心配はないでしょう。

また、結婚に本気な会員が98%もいると公表されています。

会員のほとんどが真剣な思いで出会いを探すブライダルネットなら、危険人物にあう可能性が少ないはずです。

アイコン
ブライダルネットも男女有料なので、女性会員の真剣度も高いでしょう。

マッチングアプリの危険性についてよくある質問

スマホを持って考える女性

最後に、よくある質問を紹介します。

アイコン
小さな疑問を解決しておけば、アプリへの不安は減るでしょう。

マッチングアプリの危険性に関するよくある質問
  • 絶対に危険な目に合わないマッチングアプリはある?
  • マッチングアプリの出会いで危険な目にあったらどうすれば良い?
  • マッチングアプリにいる危険人物の見分け方は?

絶対に危険な目に合わないマッチングアプリはある?

絶対に危険な目にあわないと言い切れるマッチングアプリはありません。

なぜなら、アプリの運営スタッフが全ての危険人物を見つけるのは難しいからです。

多くのアプリは、運営が24時間監視したり危険人物のパトロールを実施しています。

アイコン
どれだけ対策をしても厳しい監視の目をくぐり抜けて登録し、悪いことをたくらむ人は存在するのです。

危険な目にあうのが怖い方は、本記事で紹介したアプリに登録し、危険人物への対策をしっかり行いましょう。

アプリの危険性について事前に学んでおくだけでも、トラブルにあうことを回避できる場合がありますよ。

マッチングアプリの出会いで危険な目にあったらどうすれば良い?

ドタキャンされた、身体の関係を迫られたなど、怪しい人物と出会ってしまったら速やかに運営に報告しましょう。

アイコン
また、怪しい人とのつながりを絶つために、相手をブロックすることもおすすめします。

しかし、詐欺やぼったくりなどの犯罪に巻き込まれた場合は、警察に相談するべきです。

さらに大きなトラブルに発展してあなたが傷つかないためにも、一人で悩んだり抱えこんだりするのはNGですよ。

マッチングアプリにいる危険人物の見分け方は?

危険人物はメッセージ交換をする中で見分けられることが多いですが、マッチング前に気付くことも可能です。

  • 顔写真を登録していない人
  • 違和感を感じるほどイケメン・美人の写真を登録している人
  • 「よろしくお願いします」「寂しいので恋人募集中です」などしか書いていない人

これらに当てはまる人は、危険人物の可能性が高いと言えます。

危険人物かどうかを確実に見分けるのは難しいですが、少しでも違和感を感じる人とは関わらないことが何よりも大切です。

自分の行動次第で危険を回避できる!

スマホを操作する女性

危険人物に会わないための対策法
  • 危険性の低いマッチングアプリを利用する
  • プロフィールが適当な人とは会わない
  • メッセージを重ねてから相手とデートする
  • 相手と仲良くなるまで個人情報は教えない

危険性のマッチングアプリを利用すれば、危ない目にあう可能性は低いと言えます。

しかし、巧妙な手口でアプリに登録し、近づいてくる人がいるのも事実です。

安全に出会いを探したいなら、どのような危険が潜んでいるかを理解し、出会わないための対策を徹底することが大事ですよ。

「この人怪しいかも」「なんだか自分と合わない気がする」などと思うなら、迷わずに関わるのをやめて次の出会いを探しましょう。